前双葉町長、井戸川 克隆さん、川内原発の地元、薩摩川内市で講演会。2014年4月21日について
Home > 前双葉町長、井戸川 克隆さん、川内原発の地元、薩摩川内市で講演会。2014年4月21日

前双葉町長、井戸川 克隆さん、川内原発の地元、薩摩川内市で講演会。2014年4月21日


前双葉町長、井戸川 克隆さん、川内原発の地元、薩摩川内市で講演会。2014年4月21日について

避難して、そこで終わりではない。新しい見知らぬ土地での生活が始まるのだ。 そこから始まるのはどんな日々なのか? そもそも、避難の意味はあったのか? 自分の手を汚そうとはしない政府と、電力会社から押し付けられる原発の尻拭いは結局、近くにいる人達だ。 井戸川克隆さんが再稼働一番乗りに目をつけられた川内原発のある地、薩摩川内市で、避難とはどうゆうことか、本当の避難とはどうあるべきか、語る。 避難すればなんとかなるのではない、そこから苦しみの日々が始まる。逃げるも地獄、とどまるも地獄。なぜこんな目にあわなければならないのか?




▼ 関連動画
SIDE NAVI(ユーザ編集自由)
FOOTER(ユーザ編集自由)