工藤会とは? 過去の事件と歴史 警察との抗争がヤバイについて
Home > 工藤会とは? 過去の事件と歴史 警察との抗争がヤバイ

工藤会とは? 過去の事件と歴史 警察との抗争がヤバイ


工藤会とは? 過去の事件と歴史 警察との抗争がヤバイについて

工藤会の事件と歴史 警察との抗争が過激すぎ 北九州の指定暴力団・工藤会まとめ。田上文雄(四代目田中組組長)は現在逃亡中。指定暴力団工藤会(本部・北九州市)の最高幹部が1998年に起きた漁協の元組合長射殺事件に関与した疑いが強まったとして、福岡県警は11日、工藤会トップで総裁の野村悟容疑者(67)のむらさとるを殺人などの疑いで逮捕した。工藤会ナンバー2で会長の田上(たのうえ)不美夫(ふみお)容疑者(58)についても殺人などの容疑で逮捕状を取り、行方を追っている。 北九州市などでは市民らへの襲撃事件が頻発し、福岡県公安委員会は2012年、工藤会を全国で初めて「特定危険指定暴力団」に指定。全国の警察から機動隊員らが同市などに派遣され、警戒にあたってきた。県警は、市民らが狙われた一連の事件に工藤会が組織的にかかわった疑いがあるとみて捜査しており、最高幹部の関与も今後調べる。野村容疑者らは98年2月18日、同市小倉北区のキャバレー前の路上で起きた脇之浦漁協(同市若松区)の元組合長、梶原国弘さん(当時70)が2人組の男に拳銃で頭や胸などを撃たれ、殺害された事件に関与した疑いがある。県警は、事件の実行犯と共謀関係にあったとみている。野村容疑者の認否について、県警は明らかにしていない。工藤会トップ逮捕 一般市民らにも平気で銃撃や手榴弾を投げ込む容赦なさ。特定危険指定暴力団である工藤会の総裁が逮捕された。工藤会は極めて強い好戦傾向を有するとされ、警察と激しく対立してきた。03年にはクラブに手榴弾を投げ込み、従業員ら約10人が重軽傷を負っていた。




▼ 関連動画
SIDE NAVI(ユーザ編集自由)
FOOTER(ユーザ編集自由)