6月11日 兵庫県保険医協会での講演 小出裕章について
Home > 6月11日 兵庫県保険医協会での講演 小出裕章

6月11日 兵庫県保険医協会での講演 小出裕章


6月11日 兵庫県保険医協会での講演 小出裕章について

2011年6月11日(土)、兵庫県保険医協会主催の学習講演会にて小出裕章氏(京都大学原子炉実験所助教)が講演されました。 講演案内 原発問題学習講演会のお知らせ  3月11日の東日本大震災は、東京電力福島第一原子力発電所を制御不能に陥らせました。爆発・炉心溶融・汚染水漏れなどが次々と起こり、事故から1ヶ月半が経ってなお、事態収拾の目途はついていません。原子炉周辺では高濃度の放射線量ばかりかプルトニウムも観測され、広範囲にわたって健康被害・環境汚染が広がっています。  福島第一原発で今、何が起きているのか。今後の見通しを含め、事故以前から原子力発電所の危険性を指摘し続けてきた京都大学原子炉実験所の小出裕章先生にお話いただきます。 【兵庫県保険医協会環境・公害対策部長 森岡 芳雄】 日 時   6月11日(土) 17時~19時 会 場   県農業会館(JR・阪神元町駅南へ徒歩7分) 講 師   京都大学原子炉実験所助教 小出 裕章先生 定 員   200人 参加対象 会員医療機関(要事前申込)




▼ 関連動画
SIDE NAVI(ユーザ編集自由)
FOOTER(ユーザ編集自由)