information
サイトの更新履歴はコチラから 

話題の商品

広告スペース



広告スペース



広告スペース



Home >> "-建築家・吉村順三の仕事-(軽井沢の山荘)" の動画ページ | サイトマップ |
広告スペース
"-建築家・吉村順三の仕事-(軽井沢の山荘)" の動画はこちら

"-建築家・吉村順三の仕事-(軽井沢の山荘)" について
-建築家・吉村順三の仕事-(軽井沢の山荘) 吉村順三[1908—97] 建築家。東京生まれ。東京美術学校(現東京芸術大)建築学科卒業後、レイモンド建築設計事務所に勤める。渡米後1943年(昭和18)に設計事務所を開設。45年東京美術学校助教授、52年東京芸術大学教授。70年退官し名誉教授となる。初め東京のNCRビル(1963)や「浜田山の家」(1964)などの住宅作品で知られ、皇居新宮殿の基本設計(1963)にもあたる。人間味ある温かい作風で、おもな作品に愛知県立芸術大学(1971)、ニューヨークのジャパン・ハウス(1972)、奈良国立博物館新館(1973)などがある。74年日本芸術院賞を受賞。94年(平成6)文化功労者。 松山巌(1945‐) 昭和後期-平成時代の評論家。 昭和20年7月11日生まれ。友人と建築設計事務所を開設。昭和58年「1930年代の建築と文化」で注目される。60年「乱歩と東京」で江戸川乱歩の作品の背景となった大正時代の都市を論じ,日本推理作家協会賞。平成5年「うわさの遠近法」でサントリー学芸賞,9年「群衆」で読売文学賞。東京出身。東京芸大卒。

"-建築家・吉村順三の仕事-(軽井沢の山荘)" に関連する動画はこちら