information
サイトの更新履歴はコチラから 

話題の商品

広告スペース



広告スペース



広告スペース



Home >> "韓流スター故パク・ヨンハ、涙の中告別式" の動画ページ | サイトマップ |
広告スペース
"韓流スター故パク・ヨンハ、涙の中告別式" の動画はこちら

"韓流スター故パク・ヨンハ、涙の中告別式" について
先月30日自殺したまま発見された韓流スター故パク・ヨンハ(33)の告別式が遺族と同僚芸能人、熱狂ファンらの涙の中に行われた。 2日午前瑞草区(ソチョグ)、盤浦洞(パンポドン)、ソウル聖母病院葬儀場は国内外取材陣200人余りと日本からきたファン(パン)300人余りが集まりながら大変な混雑になった。 パク・ヨンハと懇意な俳優ソ・ジソプが大泣きして沈痛な表情で影像を持ち出した。 影像でパク・ヨンハは白いシャツ姿にパッと笑う白黒写真でファンたちの心を痛くした。 歌手キム・ウォンジュンとパク・クァンヒョン、キム・ヒョンジュンなど普段故人と厚い四だった同僚芸能人らが故人が寝ついたカンを持って後に従った。 同僚芸能人らは流れる涙を持て余すことができなかった。 俳優キム・ヒョンジュはおいおい泣いたしキム・ミンジョンとパク・シヨンもハンカチで涙を連邦盗んだ。 パク・ヒョシン、パク・ヒスン、到底、ワン・ツーのソンホ犯など歌手、俳優関係なく参加した芸能人らは誰より近かった同僚を失った衝撃から抜け出すことが出来ない姿だった。 葬儀期間葬儀室を探した日本ファンたちは故人の最後の姿を見ようと明け方から葬儀場周辺を守った。 中年層が大部分の日本ファンたちは霊柩車が病院を抜け出る時涙を拭きながら足をばたばたさせた。 霊柩車が葬儀場を離れても茫然自失した状態で葬儀場の前に座り込んでハンカチで口を覆って号泣をするファンたちの姿があちこちで眼に触れた。 一部ファン(パン)は病院休憩室に座ってTVに出てくるパク・ヨンハ プログラムで目を離すことができなかった。 前日日本からきたというファン(パン)メグミ氏は"ニュースを見て初めには嘘だと思った。 なぜそうしたのか分からない"としながら"直接葬儀場に来てみると心がとても痛い"と話した。 葬儀場にはモーニング娘など日本芸能人らと日本企画会社で送った花輪数十個がぎっしりと立ち並んでいた。 1994年デビューしたパク・ヨンハは2002年ドラマ'冬のソナタ'を通じて韓流スターで背伸びした。 以後日本でレコードを出してコンサートを開くなど主に歌手で活動しながら'ヨナチャン′で呼ばれて高い人気を享受した。 彼はドラマ'オンエア' '男の話',映画'作戦'にも出演したし翌月新しいドラマ撮影を控えた状態であった。 故人の遺体は葬儀場を離れて放送局がある牧童と汝矣島(ヨイド)を経た。 引き続き彼が生まれて育った合井洞(ハプチョンドン)と最近居住した清潭洞(チョンダムドン)をすぎて京畿道(キョンギド)、城南(ソンナム)永生院で化粧されて分党メモリアルパークに安置される。

"韓流スター故パク・ヨンハ、涙の中告別式" に関連する動画はこちら