information
サイトの更新履歴はコチラから 

話題の商品

広告スペース



広告スペース



広告スペース



Home >> "福島県豪雪の時の磐越東線740D小野新町行き" の動画ページ | サイトマップ |
広告スペース
"福島県豪雪の時の磐越東線740D小野新町行き" の動画はこちら

"福島県豪雪の時の磐越東線740D小野新町行き" について
2010年12月25日、福島県(特に会津地方)が豪雪であったの日の磐越東線740D小野新町行きです。キハ111形-キハ112形(ともに100番台)+キハ110形の3連となっています。ワンマン列車の多い磐越東線ですが、この740Dは通勤通学需要に対応するためか、車掌の乗務する列車となっています。 この撮影日は記録的な豪雪で、プロ・アマ・記者問わず撮影している人が沢山いました。(年末年始の山陰も同じような状況だったんでしょうか?) ちなみに私はこの日青春18きっぷを使って会津若松に行っていたのですが、何とか帰ることができました。約1時間20分ほど遅れて会津若松を発車した、ギュウギュウ詰めの1232M普通郡山行きになんとか乗車したのですが、東長原駅手前で停止信号。どうやら磐梯町かどこかでポイントに雪が挟まったとのこと。1時間近く待ってようやく運転再開し、磐梯町にて10分ほど交換待ちして、翁島に到着。発車使用とした矢先、今度は雪が深くて前に進めず、除雪作業をするとのこと。ここでもまた1時間ほど待ち運転再開。車内に乗車していた女子高生が除雪作業員を見て拍手してました。それ以降はなんとかスムーズに進み、郡山には17時35分頃到着。本来この列車の3本後の16時20分会津若松はツの1236Mに乗る予定で、同列車の郡山到着時刻が17時35分だったので、それ以降のタイムスケジュールに狂いは生じませんでした。しかし、徹夜した後に約3時間電車内で立ちっぱなしだったのにはさすがにこたえました。そして郡山で撮影した映像がこれです。え?磐越西線の映像は無いのかって?無理でした。許してください。 ちなみにこの1232Mに乗らなければたぶん東京には帰れませんでした。(東武経由だったら帰れたのかなぁ...)

"福島県豪雪の時の磐越東線740D小野新町行き" に関連する動画はこちら