information
サイトの更新履歴はコチラから 

話題の商品

広告スペース



広告スペース



広告スペース



Home >> "新栄電機" の動画ページ | サイトマップ |
広告スペース
"新栄電機" の動画はこちら

"新栄電機" について
創業社長新井栄一の一代企業。 JR常磐線亀有駅南口(東京都葛飾区亀有3丁目18番1号)の亀有本店を始め、東京城東地区を中心に、千葉県、埼玉県にも多店舗展開した。コーポレートカラーは黄色地に赤で、本店ビルは外壁が黄色くペイントされ、入口には『新栄電機産業』と赤文字で大書されていた。 1974年頃から、主に日本テレビの昼のワイドショー枠や夕方の再放送枠でCMを打っており、再放送枠では番組スポンサーにもなった。 CMは3パターンあり、 初期バージョン 海野が、折込チラシを読んで安さに驚き、「チラシだ。電話しなくちゃ」と急いで電話注文する客(アライ)と、柏店のオーディオフロアを走り回りダイハツ・ハイゼットで配達に赴く店員の、1人2役で出演 中期バージョン(1979年? - 1990年頃) 海野に加えて、黄色地に赤文字『S』の帽子と、同じく黄色地に『新栄電機』と朱記されたTシャツ、白のホットパンツ・ハイソックス・スニーカーで統一した14名の若手女性軍団[1]が登場。軽快なジャズピアノに乗せて、「ファイト、ファイト、新栄」の掛け声で円陣を組んだり、「安いわよ~ん」と秋波を送ったり[2]した後、カセットテープレコーダーから流れる「キミキミ、アライだよ」[3]の声に海野が脱帽し、ひたすら恐縮する落ち。竹の塚店で撮影 中期バージョンの放映開始から十余年を経た1990年代初頭では、余りにチープな作りが逆に印象的になり、カルト人気を博していた。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%96%B0%E6%A0%84%E9%9B%BB%E6%A9%9F%E7%94%A3%E6%A5%AD

"新栄電機" に関連する動画はこちら