information
サイトの更新履歴はコチラから 

話題の商品

広告スペース



広告スペース



広告スペース



Home >> "カルガモの子殺し(14MB)" の動画ページ | サイトマップ |
広告スペース
"カルガモの子殺し(14MB)" の動画はこちら

"カルガモの子殺し(14MB)" について
【学術的動画】【カルガモの生態】【子殺し】 カルガモは多くの子を巣立たせるためヒナが高密度になると他の子を殺すという。 その事実はネットで検索して先ほど知ったこと。 TVで紹介される可愛いカルガモの引越しのイメージしか無かったオラは衝撃的だった。 最初は鯉か何かを攻撃していたのかと思った。 今のカルガモのヒナはテニスボール程しかないから親に比べたら非常に小さい。 僅かに浮いているのは・・・子ガモ? おい、嘘だろ?、自分の子供を攻撃しているのか? マガモの子育ては親が身を呈して天敵のカモメから守る「ど根性かあちゃん」のイメージしかない。 自分より遥かに大きなカモメ7羽に一歩も引かなかった。 きっとカルガモもそうなのだろうと思っていた。 何が起きているのか理解できない様子の子ガモに容赦なく噛み付き攻撃を繰り返す母ガモ。 親はそれでもこちらを睨みながら子ガモを容赦なく振り回し沈める。 撥水性能が低い羽毛の子ガモをクチバシで掴んで水中で振り回す。 それで子供の産毛は水を吸って浮力が低下する。 親の力で脚や首を咥えて振り回せばか弱いヒナはひとたまりも無い。 逃げる子ガモの前に割り込んで最後の攻撃をする母ガモ。 子ガモはまだ起き上がろうとするも首が折れているのか仰向けのまま漂い、ゆっくりと息絶えた。 最後にこちらを見た目が何かを言いたそうだった。 「どうして、ママン・・・どうして?」・・・そう聴こえた気がする。 今回は学術的な動画なので可愛いカルガモのヒナ動画を期待していた人にはゴメンなさい。 カルガモは母親が自分の子を殺す習性があるという事実として投稿しています。 その辺をご理解ください。

"カルガモの子殺し(14MB)" に関連する動画はこちら