information
サイトの更新履歴はコチラから 

話題の商品

広告スペース



広告スペース



広告スペース



Home >> "桃山晴衣&MOMO/紗窓 Harue Momoyama&MOMO / Sasou" の動画ページ | サイトマップ |
広告スペース
"桃山晴衣&MOMO/紗窓 Harue Momoyama&MOMO / Sasou" の動画はこちら

"桃山晴衣&MOMO/紗窓 Harue Momoyama&MOMO / Sasou" について
Harue Momoyama & Momo Momo is a unique japanese band leading by singer Harue Momoyama with Takahiko Ishikawa(G),Masashi Kikuchi(Fl), Rinzu Huruta(Syn). Harue Momoyama is a master singer and shamisen player of japanese traditional music. she leaned most sophisticated japanese classical shamisen and song style called Miyazono-bushi under the master Senjyu Miyazono(national treasure) as only one student living with master. But Her activity and creation is beyond this classic traditional music world. She has play and singing own way which based on deep traditional but fit with modern sense.Momo is her experimental group, existed only for two years (1992~1994) .this is only film which took from live concerts. 立光学舎/桃山晴衣ミュージックアーカイブ Momo/桃山晴衣(うた)石川鷹彦(ギター)菊池雅志(尺八)古田りんず(シンセサイザー) Momoは桃山晴衣が初めて結成した実験的バンドで1992年から1994年の間のみ活動した。 レパートリーは伝統曲に加え桃山の作詞・作曲によるものまで幅広く、ユニークな歌世界を展開した。 「紗窓」は江戸末期から明治にかけて日本に入り長崎ではやった明清楽。桃山は「夢二絃唱」で竹久夢二の描いた長崎十二景の「凧上げ」を背景にこのうたをうたっていたが、MOMOでは新たに自らこよなく愛し暮らした郡上の祭り風景を作詞し、二番、三番に加えている。なおこれは1993年の貴重なリハーサル録音である。 ©立光学舎 Ryuko-Gakusha

"桃山晴衣&MOMO/紗窓 Harue Momoyama&MOMO / Sasou" に関連する動画はこちら